アパート廊下共用灯

アパート廊下共用灯20Wサークライン

アパートマンションの廊下共用灯の照明器具の球切れによる交換依頼時にあるトラブルの一つに器具のカバー(名称:ガラスグローブ)の開けられないと言う事がごく稀にあります。

「ガラスグローブが硬くて開けられない」
「本体と一緒に回ってしまって開けれない」と言う経験で
お困りの方はおられませんでしょうか?

 

当社ではアパートマンション緒管理業務の一環として20年近く共用灯の管球交換業務をしておりますので、その経験よりいくつかの秘訣を公開させて頂きます。

 

①ガラスグローブ(ガラスのカバー)はネジ式になっているので、ガラスグローブを反時計回りに回して開けます。

 

②先ずは足場をしっかり固定し、安定した姿勢で作業が出来る様にする。
特に脚立などを使って作業する場合は、脚立に正しく乗り、ヘルメットなどの防護策を取る事。

 

③ガラスグローブを回す手を滑りにくくする為にゴム製の手袋をはめてるから回してみる。

 

④それでもビクともしない場合は、その理由はガラスグローブと照明器具本体のネジ部のかみ合わせが、
ズレていたり、いわゆる噛んでいる状態になっている、もしくは器具によっては錆やパッキンの劣化による癒着などの原因で固着していることも有ります。

 

⑤その様な場合は、ズレや噛みを補正する様にガラスグローブを下方向に引っ張ったり、上方向に押し上げる様にしてみたり、壊さない程度に少し横方向から叩いてみたり、反対方向に少し回してみるのも効果的です。

 

『硬くて開けれない照明器具のガラスグローブの開け方 NO.2』へ続く